CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
広告
広告
広告
Amazon
mura
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
50歳手前で育児短時間勤務を決断した父親です。
料理・洗濯・家事全般不慣れです。
子育て出来るか不安ですが応援お願いします。

頑張るしかない!!!
50歳目前の男性が育児短時間勤務を取る理由(其の6/LAST)
0

    育児短時間勤務でイクメンパパを目指しています

     

     

    普通は、育児短時間勤務は上長の印鑑を貰い、人事の担当部署へ提出して手続き終了です。
    が・・・・・
    印鑑を貰った上長=営業・仕入両方を括する部長(以下、統括部長)から電話が、
    「ちょっと話がしたい」と・・・

    会議室で二人で話をしました。
    「俺が(忘れたを)改善するからもう1回チャンスをくれ!」と・・・
    自分が必要だと言ってもくださいました。
    本当にありがたい言葉でした。

    が、、、、、

    ずっと改善は訴えてきました。
    人間は誰でも、私も含めて、「忘れる」ことはあります。
    ただ、一人のひとに何十回も同じミスで「忘れた!」を繰り返し、いまだに改善されていない事実。

    仕入部長に限ったことを言えば「こめん!次気を付ける!」の言葉だけで、具体的に「どういう風に気を付ける!」が無い!
    いままでの経緯をみてきても、絶対に改善はあり得ない!
    部下の、忘れたや、ミスなどをチェックし指摘すべき立場の人が・・・・・
    自分のチェックができていない。

    しかも、小さい事とは言え、部長以外の違う部署からの「忘れた」が多いのも事実。
    それは一時的にお願いして改善されても、人事異動などで担当が変われば、また忘れたの繰り返し。

    今の特殊?な役職でいる限り、今の仕入部長でいる限り、「あと1回」はすぐに来るのは目に見えています。
    そのことを言って、断りましたが。。。

    熱心に説得され、育児短時間勤務を取るにしろ、取らないにしろ、答えは今すぐ出さなくてもいいから・・
    もう少し考えてくれ!と言われました。
    気持ちは固まっていましたが、どちらにしろ奥さんの意見もあるので・・・・・
    と言って、時間を貰いました。

    4月末、二人で飲みに行く時間を作っていただき、
    最終の返答。気持ちは本当にありがたかったのですが・・・・・
    自分の変わらない決心をお伝えしました。

    その後、営業部門トップの取締役へ報告。
    ここでも、説得され・・・ (長くなるので途中省略)
    時間を空けての再返答。
    もちろん、結論は変わりませんでした。

    そして、やっと書類を持って人事部門の取締役部長へ!
    営業部門トップの取締役の承諾を得ていたので、ここでの説得は無し。
    ただ、人事部長が一つはっきり聞きたいと言ったのは、
    育児短時間勤務を取るのは、
    _板蹐了情
    ∋纏上(忘れたの繰り返し)の件

    どちらが大きいか?と・・・

    私の答えは・・・
     20% ◆80%と答えました。

    ,蓮
    現状、子供は保育園に預けており、18時までに迎えに行かなければいけません。
    その役目を、今は奥さんが育児短時間勤務(16:40まで勤務)を取りながらしています。
    が・・・・・
    奥さんの会社は、3歳なるまでしか育児短時間勤務が取れません。
       (私の会社は子供が小学校3年生の4月まで取れます)
    そして、いよいよ7月末に子供が3歳になります。
    奥さんの育児短時間勤務が終わりフル勤務に戻ると、仕事の終わる時間が18時半〜20時(早・遅のシフトによる)
    になり迎えには行けなくなります。
    しかし、奥さんの会社の部長の計らいで、特別に17:30前後までの固定勤務ができないかと、

    続きを読む >>
    | 仕事 | 01:39 | comments(0) | - |